陶「伊波多(いわた)焼」展

伊波多焼丸板皿
ご案内状

磐田に人間が住み始めたのは約二万年前・・・

 時空を越えて、今、甦る「伊波多」の「土」・・・

 


開催日:平成26年4月17日(木)~27日(日)

     *月曜は休館日になります

時 間:午前9時~午後4時30分

会 場:旧赤松家記念館 磐田市見付3884-10

【すすり茶坏で磐田茶を振る舞う会】

19日・20日の2日間、8名様限定で開催します。この機会に是非“すすり茶坏”をお試し下さい。尚、先着順とさせていただきますので、ご希望の方は、「お名前」「ご連絡先」を明記の上、FAXにてお申込み下さい。折り返しご連絡させて頂きます。

 ■平成26年4月19日(土)・20日(日) 午後1時~2時

 ■FAX:053-457-3816

 

*同日、見付では「第13回「見付宿たのしい文化展」が開催されています。

近郊の人たちが創作した書画・陶器・手芸品などを展示する青空文化展です。こちらにも是非、足を運んでみて下さい。

伊波多焼

この陶器は、私(鈴木青宵)が幼少より慣れ親しんだ地元(磐田市)坊中地区で見付けた粘土を使い出来上がりました。凡そ二万年前に堆積した粘土層です。

※ 磐田の渡部市長に、伊波多焼の丸皿を贈呈した際の写真とともに「伊波多焼」が毎日新聞に掲載されました。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)
プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 直透窯 鈴木青宵 All Rights Reserved.