ホーム > 鈴木青宵について

陶工 鈴木青宵

制作中

●プロフィール

1967 静岡県磐田市に生まれる

1992 美について学ぶ、国内放浪の旅

1995 宮崎県でドイツ人陶工ビヨーン・S・クーン氏に師事

1996 磐田市に築窯(名利窯)

1998 志戸呂焼研究に入る

1999 志戸呂焼三人展

2000 掛川市倉真に移転

2002 大徳寺孤篷庵小堀卓巌老師より直透 青宵を拝受

    孤篷庵より水指注文制作及び書付を頂く

    老師来訪、志戸呂の地視察

2003 拝受記念茶陶展(浜松)

    松孤会表千家記念茶碗制作

    国際美術家連展 銀賞(東京都美術館)

2004 聚光院別院に奉納

    県工芸展入選(県立美術館)

2005 国際美術家連展入選 東海伝統工芸展入選

    ポーランド国立博物館茶道具展示 世田谷美術館帰国展

2006 浜松市横川に移転

 

2014   伊波多焼制作発表 磐田市役所贈呈(公室)

 

2016 大徳寺孤篷庵 茶陶展「志戸呂と高麗写し」

【個展】

 京都・仙台・青森・八戸・石巻・福島・山形・各デパートにて茶陶展

 静岡・東京・三重・千葉・愛知にて作品展

【掲載】

 成美堂出版「茶席の会話と手紙」

 主婦の友社「やきものの見方・楽しみ方」

●名前の由来

陶名「青宵」 窯名「直透」は、「直透万重閑不住青宵裡」の意で、卓巌老師から授かった名前でございます。

 

【解説】 からりとした青空のうちにもとどまらぬ。「青宵」は青空。からりと晴れて雲一つない蒼穹(そうきゅう)は悟りを達得した境地を表すが、そこにも留まらぬという決意。(出典は『臨済録(りんざいろく)』) 若き日の臨済が行脚の途次、三峰の平和尚の処で問答を交わし、自らの悟境を「直に万重の関を透り、青宵の内にも住せず」と表現しています。

参考文献「名品の鑑賞」


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)
プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 直透窯 鈴木青宵 All Rights Reserved.